挙式についての情報が満載

近年、結婚式のスタイルとして「和婚」が注目されています。
一般的な式というと、チャペルや教会でウェディングドレスを纏う姿がイメージされやすいですが、 和装で式を挙げたい、と考えるカップルも増えてきています。
ですが一方で、興味はあるものの知識がなく一歩踏み出せない、という方も多いのではないでしょうか。
今回は、和婚の中のひとつのスタイルである「仏前式」について、その魅力や具体的な式の挙げ方をご紹介します。

仏前式結婚式のやり方

仏前式結婚式のやり方 仏前式を挙げる場所は、新郎新婦いずれかの宗派に基づくお寺であることが一般的です。
つまり、新郎新婦どちらかがそのお寺の宗派・信徒であることが前提となります。
但し近年の仏前式の流行に伴い、宗派に関わらず式を挙げられるお寺も増えてきているため、気になるお寺はあるものの信徒でない、という場合でも事前に一度相談してみると良いでしょう。
他にも一般的な結婚式と異なる点があります。
例えば、仏前での式を行う場合は参列者を親族のみ、と限定することが基本となります。
当日友人や会社の関係者など、親族以外を参列させることは難しい場合が多いため予め注意しましょう。
結婚式のスタイルに迷われている方々、ぜひ参考にしてみてください。

結婚式の「仏前式」で耳にする因縁って何なの?

結婚式の「仏前式」で耳にする因縁って何なの? 「仏前式」は日本古来から行われてきた、結婚式の在り方のひとつです。
馴染みが少ないという人も多いかもしれませんが、一昔前まではポピュラーな結婚式のひとつでした。
「仏前式」では仏教の教えに基づいて挙式を執り行いますから、因縁という仏教用語を耳にすることになります。
この因縁とは、決して悪い意味ではありません。
「この結婚は前世から決められており、先祖と仏の慈悲で成立した」という仏と先祖との縁を因縁と表すのです。
このご縁に対する感謝の気持ちを伝え、来世までの結びつきを誓うことこそ式の大きな意味となります。
仏教を深く信仰している人や僧侶の関係者などが、近年では「仏前式」を行うと言います。
仏の前で来世までの縁を誓い、今日の良き日を迎えられたことを先祖の報告すると聞くと、結婚式として相応しいスタイルと思えてきます。
お香や本格的な雅楽とお経などは、より神秘的で厳かな気持ちにさせてくれるでしょう。
通常のウェディングチャペル式や神前式とは違った良さがあり、さらに比較的手頃な価格で行うことが出来るというのも、仏式の結婚式の優れた点です。
芸能人が一時期積極的にこの方式で挙式を挙げたため、人気もあります。
まずは一度検討してみるのも、良いでしょう。

伝統を守る仏前式の結婚式を挙げ方を説明します

結婚式の中でも、近年「仏前式」が注目を集めています。しかし仏前式というとどういう結婚式かいまいちぴんと来ない人も多いのではないでしょうか。そこでここでは伝統にのっとった挙式の仕方を説明します。 伝統的な流れは、まず新郎新婦の宗派の寺院になります。仏様や先祖に報告を行い、二人が巡り合った縁を仏様に感謝する意味があります。基本的には親族のみが参加して、会社の人や友人はお披露目会として別の機会に行うのが一般的です。 また特徴として、式ではゲストは数珠が必須です。他の式ではないことなので忘れてしまいそうなのですが、仏様に結婚を報告するために必要となってくるのです。招待する時に「数珠持参」の旨は必ず通知しておく必要があります。 そして式は正座が基本です。そのために参列者には、正座がしやすい服装をお願いしておくと良いでしょう。和服が似合う式ですが、正座を長時間すると苦しい人は、無理せずに洋装で参加しましょう。

年配のカップルにも注目される結婚式は仏前式

チャペルで行う教会式や神社で行う神前式が定番と思われがちですが、実は仏前式も結婚式の一つです。和装で行う上、落ち着いた雰囲気の中で挙式ができるため、年配のカップルからも注目されています。寺院や自宅で行われている挙式の一つで、仏教の教えに従って執り行い、仏様とご先祖様へ報告し、感謝の気持ちを述べるのが特徴です。式の所要時間は30分ほどとされており、チャペルで行う教会式よりも短時間で行われることや、誓いの言葉などが行われず、簡素な雰囲気で行われます。 知名度が低いため仏前式を行うカップルはそれほど多くありませんが、家族のみの参列が可能となっているため、少人数で挙式を行いたい人や、和装で厳かな形で行いたい人などに人気の挙式です。また、仏教を熱心に信仰している家庭でも行われることが多いといわれています。なお、寺の住職の子息などが結婚式の方法として選択することもあるため、今後も多くの人が行う可能性は高いです。

結婚式、仏前式、お互いの感性や相性に関して

結婚式はお互いの一生に一度の生涯の思い出となり(個人による)、2人の永遠の誓いをこれまでお世話になった先輩やっ同僚の方や、友人の前で宣誓する儀式と理解しています。お互いの育ってきた環境や宗教によりその形態は、仏前式かキリスト式かで異なります。結婚式では食事も重要事項ですが、宗教やアレルギーによっては牛肉は提供不可等あるので注意が必要です。お互いの相性により楽曲や指輪の有無及び衣装、食事や花土産の趣向も異なりますので、結婚式開催にあたり、入念な事前打ち合わせが必要と考えます。また費用も都内では500万から400万円、少し郊外でも300万(参加人数にもよる)と高価なイベントになりますので、会場の雰囲気や対応者との相性も入念にチェックしておく必要があると考えます。わずか数時間で数百万円単位でお金が消えるイベントとなりますが、今後の人生の身が引き締まりますし実施して良かったと妻とも話をしております。

仏前式を挙げて和装の結婚式を挙げてみたい

近年結婚式として仏前式の結婚が注目されています。新郎新婦の宗派の仏様の前で結婚式を挙げる厳かな雰囲気とリーズナブルな価格が人気となっています。式には花嫁花婿は和装ですることが一般的であり、伝統的な寺院で和装で行う結婚式は厳かで、一生に一度の思い出に残る式となること間違いなしです。 仏前式の場合は、近年服装の決まりが緩くなってきていますが、基本的に白無垢です。神前式でも着ることがありますが、元来神前式は綿帽子を着るものであり、仏前の場合は白無垢を着るのがマナーです。そこで人気の着物で仏様の前で結婚の報告を行い、同時にご先祖様にご報告をすることができるのが魅力です。参列者は数珠が必要だったり、皆正座で参加したりと他の式とは違うマナーであることも魅力です。伝統にのっとり、結婚という一生に一度しかない記念の日を、ご先祖様に挨拶をして迎えることはとても素敵なことではないでしょうか。興味がある方はぜひ問い合わせをしてみてください。

結婚式を仏前式にするならリモート可能か打ち合わせよう

結婚式の一つの形として注目を集めるようになったのが、仏前式です。神前式は神々の前で挙式を挙げるのが特徴ですが、仏前式は仏の前で挙式を行うところが特徴といえます。会場は寺院で行われるため、執り行う前に綿密な打ち合わせが必要となるのを忘れないでください。 なお、他の結婚式とは異なり、数珠を持っていくことが必要となります。必ず数珠を持っていくようにすることが望ましいといわれているため、参考にしてください。また、打ち合わせ時に挙式の流れについて説明をされますが、基本的に両家の家族のみが参列する形となるため、事前に参加する人数を制限すること、上司などへは事情を説明して別の機械にお披露目や披露宴だけ別に行うことが重要です。 家族でも事情があって参列できない人もいるため、もしできるならリモートでの参列も可能か確認しましょう。高齢者の場合結婚式場まで歩いていくことが難しいということもあるため、リモートでの参列も可能なら安心して招待できます。

結婚式が仏前式!招待客の服装マナーはどんなものがありますか?

仏前式とは、仏様の前で結婚式を挙げるものです。最近は随分と少なくなりましたが、ご親戚やご友人にお寺さんの子女という方がいらっしゃる場合、お呼ばれされる可能性もあるかもしれませんね。
仏前式ですから仏様の前で・・・とお話ししましたが、つまり結婚式の会場はお寺の本堂になります。(場所を移して披露宴となるケースが多いでしょう。)そのため、服装マナーとしては、ホテルやチャペルウェディングの披露宴会場に着ていくドレスのような華美なもの、特に肩が出ていたり、丈の短いものというのはお勧めできません。
お色のきまりは特にありませんが、お寺で黒い衣服というと喪服を想像される方もいらっしゃいますので、女性の場合は黒のドレスも避けた方が無難です。華やかめのスーツや露出の少ないワンピースドレス、また訪問着が無難です。
また、お寺さんですので、ご仏前に手を合わせる場合もあるでしょう。小さなものでもいいですからお数珠を携帯していかれると、出来た方だと思われること間違いありません。

仏前式で挙げる結婚式に列席する際のご法度とは

近年の結婚式は多様化し、伝統的なものから個性が光る独特なスタイルに至るまで、実に様々な形によって行われています。
中でも寺院や自宅の仏壇の前で行われるものを仏前式といい、家族や親族のみで行われるアットホームな式ですが、場所柄がそうさせるのか、お祝い事ではありながらもどこか厳かな雰囲気のある素敵な式として人気が高まっています。
そんな仏前式の結婚式に列席する際に思わぬマナー違反をしないよう、そのご法度について確認してみましょう。 まずは気になる服装ですが、特別な縛りがありませんので、他の挙式と同じスタイルで構いません。華美な物を避けたフォーマルなドレスやスーツ、和の装いで列席して下さい。
ただし、式の最中に正座が必要となる場面がありますので、それを踏まえた上での服装選びをすると良いでしょう。正座自体が難しいと思われる方は事前に相談をして、可能であれば正座の補助椅子を用意する等の工夫をして下さい。
数珠も入り用となる時がありますので忘れずに持参しましょう。また、お香が焚かれているのが一般的なので、自分の付けている香水が混ざって周りの方に不快な思いをさせないよう、不用意に何かをつけて行くのはご法度です。
格式のある寺院や仏壇の前での式なので、撮影の許可も慎重に取ってからにして下さい。お祝い事の思い出に残る一席です。将来を誓い合った二人の素敵な門出となるように、マナーを守った列席を致しましょう。

仏前式と神前式の結婚式の違いはどこにあるのか

ふたりの絆を約束する結婚式には、和風で執り行う際に仏前式と神前式があります。仏前式は仏教の教えに基づいた挙式をあげることで、神前式は日本の神様に結婚式の誓いを行うものです。
一見同じように見えますが、実は違いがあることを知っておくべきでしょう。日本古来の神々に家の繋がりを報告し、祝うというのは日本式の神々の祝い方です。
仏の場合、先祖とその因縁に対し祈りを捧げることになります。こうした祈りの対象が異なる点も、注意したいところです。
仏教の教えに則って結婚式をあげる場合、どちらかの家が明確に信徒であることを示す必要があります。そして、仏教における結婚式の参列者は親族のみと定められており、大勢での挙式を計画している場合は遂行そのものが難しい可能性があるものです。
親族以外が参加出来るかどうかをあらかじめ確認しておくことが、カップルの大切な確認事項となるでしょう。加えて、挙式後には披露宴などのパーティーが出来るかどうかの確認が必要です。

結婚式には仏前式の曹洞宗がある!その特徴とは?

今は結婚式と聞くと協会で式を挙げるイメージが強いかもしれませんが、昔から一般的に行われてきた和装のスタイルもまだまだ人気が高いので、今回は気になる結婚式の仏前式と曹洞宗について詳しく紹介していきます。
まず、仏前式とは日本で一番馴染みのある仏教の教えに従っている挙式のかたちになります。今ここに生きている、行かされているという強い感謝の気持ちを込めて行うスタイルで、仏さまと先祖の前で結婚を誓い合うことで永遠の愛を手にすることができるのです。
そして、曹洞宗については鎌倉時代から伝統的に受け継がれている禅宗のことを意味しています。かけがえのない縁を大事にした仏前結婚式を行うことができ、新郎新婦にはお祝いの証として素敵な数珠が送られるのが特徴になります。
また、白無垢で清められた最も美しい姿で式を挙げることが基本となるので、これから結婚式をする予定のあるカップルは、何を選択するかよく考えてから行うようにしていきましょう。

仏前式の結婚式ではどのような婚礼衣装が向いているのか

結婚式ではどのような婚礼衣装を選ぶのかも楽しみのひとつですが、式の形式によっても選ぶ衣装は変わってきます。
教会式の場合は、洋装のウエディングドレスやタキシードを選ぶことが一般的ですが、仏前式の場合は洋装は合わないと考えている人もいるのではないでしょうか。
仏前式は仏様の前で結婚を誓うスタイルで僧侶も立ち会います。僧侶は基本的に着物を着用するので、新郎新婦も和装のほうがバランスが良いといえます。
神式の結婚式では、白無垢や紋付き袴を選ぶことが多くなっていますが、仏式の場合も同じように選ぶことができます。白無垢のほかには、色打掛や引振袖が選ばれることもあります。
最も格式の高い衣装を選ぶとなると、白無垢になります。和装よりも洋装を好む人もいますが、必ずしも和装を選ばないといけないわけではなく、洋装を選ぶことも可能です。両方の衣装を着用したい場合は、結婚式では和装にし、披露宴では洋装に着替えることもおすすめです。

もっと結婚式場情報を知りたい

神戸で結婚式を挙げる

新着情報

◎2023/9/20

情報を更新しました。
>結婚式が仏前式!招待客の服装マナーはどんなものがありますか?
>仏前式で挙げる結婚式に列席する際のご法度とは
>仏前式と神前式の結婚式の違いはどこにあるのか
>結婚式には仏前式の曹洞宗がある!その特徴とは?
>仏前式の結婚式ではどのような婚礼衣装が向いているのか

◎2022/1/14

情報を更新しました。
>伝統を守る仏前式の結婚式を挙げ方を説明します
>年配のカップルにも注目される結婚式は仏前式
>結婚式、仏前式、お互いの感性や相性に関して
>仏前式を挙げて和装の結婚式を挙げてみたい
>結婚式を仏前式にするならリモート可能か打ち合わせよう

◎2021/1/5

見学して比較するのがおすすめ
の情報を更新しました。

◎2020/8/24

宗派の違いに注意
の情報を更新しました。

◎2020/6/8

参列者が気を付けること
の情報を更新しました。

◎2020/05/29

サイト公開しました

「結婚式 仏前」
に関連するツイート
Twitter

返信先:指輪の交換ではなくお数珠の交換をします。 宗派によると思うけど。 住職も初めての式で張り切っちゃってた。 知らない見物人が多くて正直見世物じゃないぞっておもったけど、式を見てそのあと二組が仏前結婚式を挙げたそうです。 でも女の人はキリスト教の結婚式に憧れるものでしょうね。

返信先:奇遇なことに、私これから今年中に仏前結婚式の予定です🗓️!

あー仏前結婚式ね。 神前結婚式はよく見るけど、仏前はあんま見る機会無いね。

私も仏前結婚式でした

親戚の結婚式に出席 珍しい仏前式なので色々と興味深い 解説してくれる人が隣に欲しい